上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありゃま~!

突然の出来事!



こんな経験はじめて





なんじゃこりゃ~!



NCM_1535



奥が見えないほどの白にごり



富栄養?



多分あおこ?



この状態でもチエビがちらほら・・・・




落ちる固体もいない



TDSも100くらい



様子見2週目



変化なし




意味不明!



NCM_1534


エビの色も活性も



全然いいしね~



しばらくのあいだ



放置プレーと行きますか



おちまい



お帰りの際にポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2013/05/31 18:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

リセット&選別しました~

さてさてこんにちは



管理人一号のNORIさんです



宜しくお願いいたします。



先日やっと重い腰を上げ



90センチの水槽


リセットしました~


ふぅ~!(汗)



NCM_1536



全部バケツにほりこんで



ソイルかき出して



水入れて



レイアウト!



って



疲れたので置いただけ!



NCM_1537



去年の今頃は



ブセばっかり集めてました(笑)



立ちあがつたら



黒エビ様に入居していただこう



それから


我が家で生まれ


選別したお気に入り君たち


NCM_1502


相変わらずピントが合わない(汗)


NCM_1499


ホワイトソックスのモスラ君


NCM_1520


こんなのも


NCM_1509



お気に入りの



ロザアフィニスの上でお散歩中のエビちゃん




この水槽もちらほらチエビが出ております(嬉)


これからが楽しみ!



本日はこれにて



おちまい



お帰りの際にポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
[ 2013/05/30 19:13 ] エビ シュリンプ | TB(0) | CM(2)

手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その10

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします。

とりあえず


このコーナーのまとめでございます。


長々とお付き合いいただきまして


ありがとっした!


ちょっと難しいこともあったかもしれませんが


簡単にまとめたいと思います。


要するに


水槽内の環境を理解し


バクテリアや微生物も含めて


生態系のバランスをとるということ


エビに必要なミネラルを


キープ


多すぎず少なすぎずで餌をあげて


水を清潔に保ってあげること


プロブリーダーさんのようにはいかなくても


エビが取れて


少しづつでも増えていくのを見るのは楽しいですよ


上手になったらプロブリーダー目指すのも良いかもです


TDSやGHを低めに設定しているのは


時間の経過と共にどんどん上がるときが来るからで


それが悪いわけでもありません


TDS300ppmくらいになっても


必要な栄養があり


ろ過がちゃんと機能していれば死なないでしょう


深く追求するといろんな事がありますが


まずは楽しみましょう


レッツエンジョイシュリンプライフ!


ということで


お疲れっした!

お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村

手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その9

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします。

TDS160くらいでGH3~4(5以下)

このくらいを目安に水質をキープするのですが

考え方や状態によってこの限りではありません。

ひとつの考え方としてとらえてくださいませ。

無難にのんびりと

エビ飼育を楽しむ

NORIさん流(三流ともいふ)なまくら育成方

そう思ってくださいませ。




では

この水質をどうやって維持するのでしょう?

ものすごく単純です

TDSが上がればGHと硝酸塩チェック!

上がっていれば水換え

TDS100位の水を入れます

TDS低ければミネラル足してTDS160くらいの水を入れます。

時間の経過と共に硝酸塩は溜まっていきます

モンモリロなどのミネラルも時間と共に溶出します。

ソイルの吸着能力も低下します。

だから最初からぴったりに合わせないのです。

ゆっくりで良いんです。

水は蒸発するものなので

足し水は必ずするときが来ます

水換えもするときが来ます

その水でゆっくりと調整すればいいのです。

バクテリアも含めて育てればいい

そうすると

水槽の中のバランスが取れ始め

半年もすれば

エビも育つようになります。

欲張らず

あせらず

ゆっくりと楽しみましょっ!

用はミネラル分をちゃんと補給し

汚れは溜めず

エビさんやバクテリアや微生物を

一緒に育ててあげること

それぞれに餌が必要

多すぎず

少なすぎず

汚れたら水を綺麗にしてあげる

このときもいっぺんにやっちゃだめ

あせらず

ゆっくり

のんびりと!

ちょうどいいバランスが大事!

ちょうど良いを

毎日の観察でみつけましよっ!

てことなのです。

爆殖のテクニックは?

奥が深すぎて・・・・(汗)

ここはお手軽に(笑)




それでは今日はこのへんで

お疲れっした!

お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村

手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その8

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします。


さてさて

ついにエビさん投入ですが

ここでもう少し注意が必要です

まだまだバクテリアや微生物が少ないこの時期に


一度に大量のエビちゃん入れるのは


危険!


でございます。


やっと立ち上がったばかりなので


一度に大量のおウンチ様が水中に放出されるとぉ~



そうです

当然バクテリアさんたちの数とのバランスが崩壊


調子を崩しちゃいますよね


バクテリアさんは1日に倍の数に増えます


当然餌や酸素も必要ですが


いきなり餌(この場合アンモニア)だらけになると

追いつきませんよね

じっくり時間をかけて

バクテリアや微生物を育てるつもりで

あわてず

あせらず

じっくりいきましょうね~

私たちはブリーダーさんではないので

そんなに一気に増やさなくても良いですしね

プロブリーダーさんたちはそんなことしてたら

商売になりません

でも

それをコントロールする

技術と知識、経験をお持ちです。

とてもまね出来るものではござりんせん

すごいですよね~

我々はゆっくり

失敗の無いように頑張りましょう。

餌は控えめの方が良いかな?

食べ残しは水を汚すだけ

少なめにあげましょうね

餌にエビが集まって

元気よく食べてたらOK

餌に集まらないようなら水のチェックです

TDS、GHは計りましょう。

TDSは目安ですが160くらいをキープできたら最高

GHは5くらいをキープ

この値を外れたらどうするの?

はい

次回は

この辺のお話


水質のキープの方法でございます。


それでは今日はこのへんで

お疲れっした!

お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村




手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その7

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


おばかな大失敗実話どうでした?


そのときは色々考え


本やネット見まくって


本気でやってたので


笑えませんでした


思い込みってやつだったのでしょう


まじめに悩んだりしてましたね~


それからも色々やりましたが


上手く行かずあきらめては


またはじめての繰り返しでしたね~


やっとたどり着いたのが現在の方法


とにかくシンプルに!


難しく考えずに


エビに必要なことだけやる!


最小限のことをキチンとすること!


NORIさん流なまくら育成方かな?


あくまでも私個人の方法でございます。

この方法が絶対ではないこと

今まで書いてきたことを参考に

ご自分にあった方法を見つけてくださいまし

もちろん完全にまねしていただいても結構ですが

ノークレームでお願いいたしますよんっ!

ブリーダーの方々のようには行かなくても

お手伝いにはなるかと思いますが・・・・



さて続きですが


使う道具や立ち上げの方法は


このコーナーの2~4を読み直しておくんなんし!


立ち上げまでは簡単!


水を張りスポンジフィルター動かして1日置くと


次の日には水が澄んでることでしょう


そこでTDSを計ってみましょう


TDS100ppmくらいの水を入れたのに


TDSは90ppmとかに下がってるではありませんか

そうなんです

ソイルの吸着効果のせいでございます

別に悪いことではござりんせん

これで良いのでありんす

ミロネクトンやモンモリロなど

ミネラル放出してくれるものにおまかせするのでござりんす

やってるとわかるのですが

ここであわててミネリッチ等注入したり

色々やると訳わかんなくなっちゃうでありんすよ

ほっといても

いやでも

TDSは上がっていくのでござりんす

で!

何も考えずにヤマトヌマエビさんやラムズホーンさん投入!

早すぎないの?

大丈夫

使ってるソイルはNEWブラックソイル

アンモニアは出ないのでバクテリアのために

生き物におウンチ様放出していただかないといけません

そして

同時にバクテリアさんの素投入!

スポンジフィルターはバクテリアが繁殖するのも早いのでありんす

ここからは1日1回のごく少量の餌あげて
(おウンチ様のためといっても過言ではない)

ただそれだけ

はっきりいって


ほったらかしでござりんす!


一週間位したら一度TDSとGHを計ってみます

TDSが上がっていなかったらGHを計ってみます。

GHが2とかだったら少しモンモリロさんなんかを足してみましょ

いっぺんに入れると後で後悔しますヨン

もしTDSが上がっていたらまずはGH

3~4くらいならOK

そのままあたらずさわらず

じっと我慢



上がりすぎていたらモンモリさん少し減らします。

GH5を超えるようなら水換えしちゃいます。

この時の水が肝心

RO100%のTDSが0ppmのまんまなんて絶対だめ!(笑)
 (もうお判りですよね負のスパイラルにおちいります)

TDS100位の水を温度あわせて最大でも3分の1位の水換えで

ゆっくりと下げていきましょう

大切なバクテリアさんのためにも・・・

水が蒸発したときの足し水も

おんなじ要領でOKです

そして2週間めにもう一度TDSとGH計ります。

どうでしょう?

TDS上がってますか?

なぜTDSが上昇しているのかだけチェック!

GHは?

OKじゃなければ前と同じ手順で水換え

GHはOKなのにTDSが高い場合は

原因を探します。

立ち上げからちょうど2週間なので

まずは亜硝酸を疑いましょ

生体が少ない場合ほぼ出ないと思いますが

出ててもOK

当たり前のことなのでござりんす

このまま3週目まで待ちます。

ただし

あまりにも多い場合はもう一度水換えしちゃいます。

さすがにヤマトヌマエビでも死んじゃうからね

亜硝酸も検出されない場合は

硝酸塩調べます

NO3 硝酸塩測定試薬

無害と言っても溜まりすぎはエビにはNG

それと硝酸塩がこの時点でたくさん出てるということは優秀ですぞ!

たった2週間で立ち上がったということになります。

どうやったのか教えてください

勉強に練ります(笑)

大量の生体を入れなければ経験上こんなことは
(でかい魚とかヌマエビ200匹とか)

起こらないと思いますが

調べられることはこのくらいかな?

どれにも当てはまらないときは?

水質試験場にでもたずねてくださいませ
(持ち込んで調べてもらうと判りますが数万円かかります)

使っている水に問題あるかもです。


とまあこんな具合に3週目をむかえ

もう一度TDSとGHと亜硝酸、持ってれば硝酸塩まで計り

適合数値内ならエビちゃん導入です。

何かが多く検出された場合は水換えしてもう1日だけ待ちましょ

バクテリアは1日でもとの数にもどってます。

まだ亜硝酸が出ているならばもう少し待ってくださいね

それとスポンジフィルターのエアー量が不足してると思います。

上手くバクテリアが増えていないのでしょう

もしくはおウンチ様放出用の生物の入れすぎかな?

最初から最後まで何も検出されず

TDSも100ppmくらいで一定だった方

ミネラル放出とおウンチの放出、ろ過のバランス

上手くいってると思われます

それではエビさん投入しちゃいましょ!

もう少し注意することがあるのでまた次回

本日も

お疲れっした!


お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村













手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その6

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします。

さてさて

前回の問題何が悪いのか

わかりましたでしょうか?

それではひとつひとつ検証していきましょう。

まずは

エビは水質の変化に弱いので

特にチエビが取れたときなど

水換えや足し水はしない方がいいと言うところ

たしかにそうなのですが

使っているソイルが栄養たっぷり

アマゾニア

いくらRO水とはいえ

過剰な栄養がたっぷり

モスが入っているとはいえ

とても吸収が追いつくはずも無く・・・・・

立ち上げ初期は

集中換水!

ちゃんと守らなきゃね!

さらに

底面プラス外部フィルターが最強にろ過能力が高いため

エビ飼育に適している!

ここも正しいのですが

アマゾニア等栄養系で底面使ったために

ソイルの間をどんどん水が通り

ソイルの栄養分を水槽中にばら撒く結果に

水中の栄養が異常に多いうえ

換水しないのだから当たり前ですよね~

そしてここからあわてて換水したのですが

毎日RO水での換水!

と言うことは

バクテリア殺してるようなもの!

バクテリアは1日で倍に増えるのですが

毎日の換水では追いつきませんよね

しかもRO水

確かにコケはなくなりましたが

バクテリアは少なかったでしょう

ここまでで2週間

その後換水やめて1週間で

合計3週間

ここでエビさん投入!

3週間たってはいるものの

そうです

この過程ではまだ1週間しかたっていないのと同じですよね

多分そんなに多くないにせよ栄養分が染み出し

わずかなバクテリアで少ないエビの数だったため

ぎりぎりで生きていたのだと思います。

その栄養分のせいでTDSが上がっていたのかと・・・

外部ろ過機のなかにバクテリアは繁殖していたのでしょうが

インフゾリアなどの微生物はまだまだだったでしょう

しかもGHは計っていなかったのでなんともいえませんが

おそらくカルシュウムやマグネシュウムなどの

エビに必要なミネラルは不足していたはず

餌不足ミネラル不足では

ただでさえ弱いチエビが生きていけるはずありません。

そしてここから

TDSが高かったので

RO水100%を点滴で1時間かけて5分の1の水換えを

毎日繰り返し

TDSを下げました

RO水を使うと清浄な水が保ちやすい

ここしか見えてなかったんですね

肥料分でTDSが上がっているだけで

必要なミネラルも少ないのに

RO100%で水換え

いくら点滴で水入れようと

どんどん必要なミネラルを捨てていたのだから

エビが生きていけなくて当たり前です。

理論だけ頭に入っていて

基本的なことを忘れた頭でっかち飼育

どうでしょう

私自身がかつて身をもって体験した

最強の失敗例!

お楽しみいただけました?

馬鹿じゃないっ!て笑ってやってくださいませ

そうなんです

基本は大切なんです

基本を忘れていいとこ取りしようとしても

馬鹿なことを平気でやってしまうんです。

迷ってる方こそ

基本を見直しましょう

きっと気がつくことがあると思います。

とまあこんな感じの

ほんとにあった

おばかなお話でした(笑)

次回からは

現在やってる

シンプル飼育のお話し

それでは

お疲れっした!

お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村






手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その5

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします。


本日はソイルについて


前回水とバクテリアとその立ち上がりについて書きました。

この立ち上がり方のメカニズムはお解かりいただけたでしょうか?

よーく理解できた方は次にお進みください

いまいち解らないことがある方はご質問くださいませ。

それでは先に進みます。




ソイルについて




ソイルは黒土を焼き固めたものまたは接着剤で固めたものがあり

栄養系と呼ばれるものと吸着系と呼ばれるものがありますよね。

この種類によって

立ち上げ方

ろ過の方法等が全然変わってきます。

いろんな考え方があり

種類も多く

一番難しく

間違えやすいのもこのソイルに大きな原因が!

前回までに説明致しましたことを

よーく頭に入れて

ご自分のスタイルを確立していただければと思います。



まずは焼き固めたものと

接着したものの違いから

焼き固めたものはその製法上多孔質になり

ソイルそのものがろ過バクテリアや微生物の住家として

適しています。

細かく言うとその焼き方でも多孔質になったり

ならなかったりするそうです。

接着剤で固めたものは

製造が楽な分安くて手に入れやすいことがうれしい

とはいうものの

表面が滑らかに仕上がるため(製法によっての違いはありますよ)

ろ材としては役不足

決してどちらが優れているかとかを言っているわけではないので誤解のなきようお願いいたします。

それぞれに考えられて作られていること

そのソイルでちゃんと飼育できている方がいらっしゃることをお忘れなく

どちらもイオン交換作用によって

水質を軟水の弱酸性に持っていきます。

そのソイルの特製をよく理解することが大切



ソイルについての細かいことはややこしくなり

それぞれにメーカーさんやブリーダーさんが書かれているので

ここでは割愛させていただきます。

使おうと思っているソイルの特性をよく調べると良いと思います




次に栄養系と吸着系について

栄養系代表は皆さんご存知ADAさんのアマゾニア

水草育成用に肥料分が多く含まれるものです。

それから吸着系

肥料分が少なく

立ち上がりが早いのが特徴

エビがすぐに入れられるなんてよく聞きますよね。





ここからがみんなの広場的大事なところ



上記のように大まかなソイルの特製をふまえ、ろ過器具について考えてまいります

NORIさんの失敗を例に進めていきます(恥ずかしい(汗))

接着系のソイルを使う場合ろ過バクテリアのろ材としては役不足になるので

底面フィルターでの使用は不向きですよね

大容量の外部式フィルターがお似合いかな?

底面使うなら多孔質なソイルを選びましょう

お次は栄養系

当然初期からアンモニアが発生

生き物を入れなくても肥料分からどんどんでてきます。

そこで集中換水!

1週間目は毎日

2週目は2日に一回・・・・

ADAさんのアマゾニアの使い方の説明をよく読みましょう

過剰な栄養を取り除くためなのですが

使う前にソイルを洗う人もいるようです。

初期段階では大量のアンモニアが発生し

富栄養化するのですぐに生き物は入れません

ろ過バクテリアもたくさん必要なので

小さなろ過器具は無理だと思います。

やはり外部式フィルターがあっているでしょう

立ち上がるのにてまがかかり

時間もかかりますが

安定すると効果は高く長く持つそうです。

ここでNORIさんの失敗談

エビは水質の変化に弱いので

特にチエビが取れたときなど

水換えや足し水はしない方がいい

RO水を使うと清浄な水が保ちやすい

底面プラス外部フィルターが最強にろ過能力が高いため

エビ飼育に適している

よく聞きますよね

そこでアマゾニアに底面プラスエーハイムの外部フィルター

RO水100%

RO水なので水換えせずに立ち上げてみました。

モスもたくさん入れ

これでバッチリ!

ところが

まず起こったのは苔まみれ!

あわてて水換え繰り返し

苔が収まり3週間目に抱卵固体含めて

えびちゃん10匹投入

1週間後1匹☆

エビが生まれて喜んでいたが

いつの間にか消滅

TDSが高かったので

RO水100%を点滴で1時間かけて5分の1の水換えを

毎日繰り返し

TDSを下げました

ところが

また1匹そしてまた1匹と・・・

ついに全滅

さー問題です

何処が悪いのでしょう

わかる人には大笑いですよね

その当時は本気で悩んでました(爆)

長々と読んでいただき

ありがとっした!

疲れたでしょう

書くのも疲れました(笑)

ということで

答えはまた今度と言うことで

お疲れっした!


お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村










手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その4

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします。


前回までで必要な道具


立ち上げに使う水


器具の使い方を書いてきました


そしていよいよ立ち上げ開始!





ここでは水とバクテリアのお話


それではいってみよぉ~



まずは規定量のソイルを敷き
(使うソイルによりさまざまな考えがあるので詳しくはソイル編にて)

60センチの水槽で8リットルくらいかな?

薄敷きとか底面ろ過使うとかで変わりますが

標準ということで(私はいつもこれくらい)


そーっと飼育に使う水をちゅうにゅう!


舞い上がったソイルが落ち着くのをまって


スポンジフィルタ~投入


LSS スポンジフィルター LS-80S


メーカーにより規格が色々あるので水槽にあったものを使いましょ


NORIさんは後のことを考えて少し大きめのものと


小さいのを予備で用意しておりやす


そして最初は弱めのエアーでスタート


エビが増えてきたらエアーを強くしていきます。


様子見て足りないなと思ったり


水槽内の水が上手く循環してないと感じたら


ちっちゃいフィルター追加しちゃいます。


シンプル


フィルター動かして


ろ過開始

ここでおさらい

この状態ではバクテリアも

バクテリアの餌も無いですよね

ただしソイルによってかわってくるので

そこはソイル編にて

今回は

NBソイル

NORIさん愛用のNEWブラックソイルさん使用のパターンです


ソイルによっては栄養分からすぐにアンモニアが検出されるものもありますが
                (アマゾニアが代表的)

このソイルは何にもでません(0ではないと思いますが)

ここからがキモ!

な~んにも無い水をまわしても

生物の発生なんてのぞめませんよね~

土や水道水にも何らかのものは入っているでしょうが

十分とはとうてい言えませんません。

そこで

ヤマトヌマエビ

ラムズホーン等

多少のアンモニアに耐えられる強い生物を投入

そうです

おウンチ様なんぞを出していただき

アンモニアを発生させていただきます。

つまり

バクテリアの餌ですね

と同時に

バクテリアも外から連れて来ないといけません

すでに水槽をお持ちの方ならば

ろ材やスポンジフィルターの絞り汁が最高!

生きたバクテリアがたっぷり!

ただし

状態の良い水槽のものですよ

または

アルティメットバクター

バクテリアの素はいろんな商品があるので

お好きなものでよいかと思います。

これで水の中にバクテリアさんとバクテリアの餌が供給されました。

生物(ヌマエビや貝など)がアンモニアを放出

これを餌にバクテリアが増殖するわけでございます。

そして

ろ過のお話のところにあったように

ろ過サイクルが出来上がっていくことになります。

2~3日たったら

亜硝酸が検出されるでしょう

NO2 亜硝酸測定試薬

NO2 亜硝酸測定試薬ではかってみましょ

亜硝酸が検出されないと言うことは・・・

アンモニアかバクテリアが足りないということになります。

アンモニア用の試薬もありますが

上記のことが理解できていれば

亜硝酸試薬だけで事足ります。

その後

約2週間で亜硝酸がピークに達し

検出されなくなったらエビちゃん飼育のスタートです

これが俗に言う水が出来るまでの仕組みでござりんす

しっかりと十分なバクテリアを育ててください

ここを失敗しないことが

エビ飼育のキモになりますよ

バクテリアだけでなく

インフゾリアなどの微生物も大事です
(ゾウリムシなど)

あわてずしっかりと生きた水を作りましょう

ウイローモスや水草などは

インフゾリアやバクテリアがつきやすいので

早い段階から少し多めに入れておきます。

インフゾリア等微生物はエビのえさにもなり

チエビの生存率にも関係してくるので

気合をいれて頑張りましょう

次回はソイルについていっちゃいましょ

今日はこれにて

お疲れっした!


お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村



手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その3

こんばんは


管理人1号のNORIさんです


本日も水のお話


では


はじまりはじまり~っ!



立ち上げに使う水は

TDS100くらいの栄養の入った水

ここから始まるのですが

この水がどんな性質なのか?

見えません

虫眼鏡で見ても

透明!


ではどうするの?

こんなものがあります。

GH総硬度測定試薬

水中にどのくらいの量の

カルシュウムイオンとマグシウムイオンが含まれているかをはかるお薬です

ただし

これも目安です

鉄分やマンガン、銅イオンなどはわかりましぇ~ん
       (銅はエビにはNGですぞ)

でも

エビちゃんは甲殻類

体が大きく成長し

健康に育つには

絶対欠かせない成分なのヨン

必要な栄養はその他にもありますが

化学の実験室みたくなるので

割愛

試薬ではかれるものについて書いていきます

簡単に書くと

人間だって

カルシュウム不足すると大きくなれませんし

骨が弱くなりますよね

エビのからだは殻に包まれてます

ということは・・・

どれだけ大切かおわかりですよね

ということで

GHは3~5くらいが良いそうな

ここも考え方がさまざまなので

無難なところということでお願いいたします。

ちなみに

GH20くらいでも産卵するとか・・・・

殻厚の真っ白固体やシャドーシュリンプなどは・・・・

奥はとっても深いのヨン!

ということで

TDSとGHがわかれば

かなり安心

つまり

おなじTDSが100の水でも

RO水でTDSが0の水にミネラル入れて100にしたものと

GH試薬ではかれない何かが入ってTDS100の水では

エビに必要な栄養が全然違いますよね。

ちなみに我が家の水道水はGH2でございます。

もう少しミネラル欲しいですよね

そこであれの出番

ミロネクトン

ミロネクトンさんを水槽に入れておくことで

じっくりなが~くミネラル放出していただいてます。

とまぁこんな感じで

飼育を始めるための水の作り方、考え方を書いてまいりました。

蒸発した水の足し水や

TDSを維持するための水のことは後日また

つぎはいよいよ立ち上げについて(エビが飼える環境作り)です。

それでは今日はこのへんで

お疲れっした!


お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村

手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編その2

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします


さて


昨日の続きですが


使う水やソイル


ろ過器具の種類によって


立ち上がりが全然違うと申しました


ではどうすればよいのか


まずは水のお話


エビちゃんたちはpH6前後


TDS160ppm くらいの清浄な水質を好みます


TDSについてはいろんな考え方がありますのでこの限りではありませんが・・・


まずは使用する水を調べてみましょう


雑誌などでよくRO水で飼育していると言うのがありますよね


RO水は水道水をろ過器具を通して水道水の中に含まれるいろんな物質を

取り除いた純水です。悪いものも取り除きますが


ミネラル等必要な栄養素も何も含まれません。

ということは?

そうです

綺麗なだけでこの水の中では

エビどころか生物が生きていけません。

RO水100%使ってろ過器具動かして1ヶ月何も入れずに

しっかり待ったのでもう大丈夫

3時間かけて水合わせして

これでバッチリ!

1週間以内には全滅!

なんで!

ろ過のお話を読んだ方にはわかりますよね

そう

アンモニアや亜硝酸がなければ

ただろ過器具を動かしていても

それを分解するバクテリアもいないのです。

これは水道水を使っても同じことで

アンモニアが必要なことがわかりますよね

特にRO水は栄養がなにもないので

バクテリアやその後エビや水槽中の生態系を作り上げる微生物も

生きていけません

そこで何をするか

ここで活躍するのがTDSメーター

TDS測定スティック

まずは使おうと思っている水のTDSはかってみましょ

ROの場合RO浄水器の能力にもよりますが0に近い数字ですよね

これに添加剤(ミネラルなど)を入れてTDSを100とか140とかに上げます

つまり栄養を入れるんです。

入れるものはさまざまな商品売ってるのでお好きなものをどうぞ

NORIさん愛用品はこれ

ミネリッチ

ミネリッチという商品です

飲料水のコントレックスも安くて使えます

コントレックス


スポイドでとってまぜまぜすればミネラルたっぷりな

綺麗な水の出来上がり

水道水の場合は

な~んにも入れず

カルキだけ抜いたらOK   

大体TDSは100くらいでしょう

もし極端に低い地域の方は

同じ要領でチューっとやりましょう

逆にとっても高い地域の方は

ROでやった方がいいかもです(経験ないのでごめんなさい)

我が家の水道水はTDS100くらいなのでそのまま使ってます。

これで

使う水のことが解りましたよね

でも

これだけでは

だめなのヨネン!

ということで

続きは明日

お疲れっした!

つづく


お帰りの際はポチッとお願いいたします。


にほんブログ村

手軽にはじめるエビちゃん飼育立ち上げ編

こんにちは


管理人1号のNORIさんです


本日も宜しくお願いいたします


飼育を始めるための器具については


カテゴリーのお手軽飼育マニュアルから


過去記事をご覧になってくださいませ


本日より


皆さんご存知


ろ過ということについて


いろいろと書いていこうと思います。


それでは


はじまりはじまり~(パチパチパチ)自分で拍手(爆)


まずはろ過サイクルについて


水は時間の経過と共に腐敗します。


水を入れた水槽に生き物を入れれば


アンモニアが発生します


このアンモニアをニトロモナス(バクテリアのグループ名)という細菌が


亜硝酸という少し毒性の低いものに分解してくれます。


バクテリアは酸素を使ってアンモニアを

亜硝酸と水と水素イオンに分解します。


水素イオンが増えることでpHは下がります

という事は

水質も安定しません


ここ大事!


そうです

この期間中は


アンモニアが大量に出て


水の中の生き物にとっては猛毒

しかも水中の酸素量も変化し

水質も安定しません


当然のことながらエビちゃんは死んじゃいます


だからすぐには入れられないですよね


そして


亜硝酸が発生すると今度はニトロスピラ(バクテリア群名)という
(以前はニトロバクターと言われていたが水中で発見されなかったそうな)


硝化細菌が硝酸塩と言うほとんど無害のものに分解してくれます。


ここまで来ると安心

水のろ過サイクルができあがりました

で?

どのくらいの時間がかかるかって?


一般的には

水を水槽に入れてろ過器具回して

2週間で亜硝酸のピークが来て

3週間目にはお魚入れて・・・・・

よく聞きます。

間違えではありませんが

落とし穴がいっぱい!

実は

使っている水

ソイル

ろ過器具などにより

ぜんぜん違うのです!

これが失敗の原因!

残念ながら本日はここまで

つづく


お帰りの際によろしければポチッとお願いいたします
          ↓

にほんブログ村

みんなのshrimp広場の思い

こんにちは



管理人1号のNORIさんです



本日は当ブログの思いについてです。




そもそもこのブログは




3人のおじさんが集まって




エビ飼育を通して




いろんな方々との交流が出来れば良いな





ということから始まった




エビ大好き人間あつまれ~!



的なサイトでございます。




このブログを通して




エビ飼育者人口が増えることを願いつつ




広げようエビ友の輪!




みたいな(笑)





これからエビをはじめようと思ってる方には




初歩的なことから





エビやってるけどなかなか増えないという方には




アドバイス的な




上級者の方とは意見交換の場として





堅苦しいことはなしに




純粋にエビ飼育を楽しもうというものであります。





このブログを見て





エビ飼ってみようかな~なんて思ったかたも





いらっしゃれば気軽にコメントくださいませ。





出来る限り返信していくつもりでございます。





聞きにくいことなどは鍵コメにて投稿いただければ




ご連絡もしくはブログ記事にてお答えさせていただきます。





管理人1号の私もまだまだ解らない事だらけですが





ちゃんと答えられる先生もいますので




アドバイスも出来ると思います。





こんなブログですが





どうぞ宜しくお願いいたします。





一緒にエビ飼育楽しんでいきましょう





どうぞお気軽に参加してくださいませ。





それでは皆様の爆殖を祈願いたしまして





本日はこのへんで





おさらばえぇ~




お帰りの際によろしければポチッとお願いいたします
          ↓

にほんブログ村







[ 2013/05/08 17:35 ] みんなのshrimp広場の思い | TB(0) | CM(0)

手軽にはじめるエビちゃん飼育器具偏その3

こんにちは~



毎度毎度のNORIさんです




本日はあった方が便利グッズの紹介





まずはこれ



外掛式産卵飼育ボックス サテライトL



外掛式産卵飼育ボックス サテライトL




水槽を立ち上げるときにソイルをひいて




一緒に立ち上げておくと




繁殖や選別なんかする時にチョー便利です




サイズはS M L他スリムタイプもありますが




小さいの1個とLを持ってると便利




ちょっと撮影や水合わせ、調子悪い子の隔離には S




選別交配や第二水槽の代わり、お気に入り君の部屋などに使える L





ソイルの立ち上がるまでの事を考えると





最初からLを一つ持っておくことをお勧めします。





水槽



こんな感じで立ち上げ




無くてもぜんぜんOKですが





少し本気でエビ飼育を考えている方は






最初から持っておくべきでしょう




ちなみに先日紹介した水心というエアーポンプ1台あれば






フィルターとサテライト2つとも動かせます(ラッキー(笑))






それからちょっと細かいですが




逆流防止バルブ



エアーポンプとスポンジフィルター、サテライトをつなぐときは




ちゃんと付けましょう




思わぬ事故を防ぐためにも用心用心!




エアーチューブ ソフト 





これは色々と使うので長めのものを買っときましょ






ソフトタイプが良いです。





水合わせや足し水のときなんかにも使えるので結果的に





長い方がお得






それからこれ





AQUA HOUSE PRO  スポイト


AQUA HOUSE PRO  スポイト




写真のものは専用のものですが




でっかいのと小さいのを持ってると便利



何に使うかって




給餌や選別に!



給餌や選別に!



餌あげるときは小さくてOK





でかい方は




残餌や取りたい汚れを吸込み



残餌や取りたい汚れを吸込みちゅーちゅーやるのにチョー便利





灯油用や園芸用、100円ショップのものでもOK





本気でエビしたい人はいいものがやはりいい!




真剣にやればやるほど出番が増えますぞ!






というわけで






本日は





無くても困らないが




あったら便利!でした





お疲れっした!





お帰りの際はポチッとお願いいたします
       ↓


にほんブログ村






手軽にはじめるエビちゃん飼育器具偏その2

こんにちわ~




管理人1号のNORIさんです。





前回水槽立ち上げに必要な




私が使ってる器具を紹介しましたが




今回はもう少し必要なものを・・・





まずはこれ

ミロネクトン




えびは甲殻類なので




殻を形成するのに必要不可欠





ミネラルやカルシュウムなどなど





必要なものが不足すると





健康に育ててあげることが出来ません





説明書に書いてある分量を目安に





水槽に入れましょっ!





そして





エビに適した水質を保つ上で





これだけはもってたほうが良いもの





TDS測定スティック



TDS測定スティック




水につけるだけで




すぐに計れる優れもの




なぜ必要かって?




そうなんです




住んでる場所や




使う水




季節などなど




水道の水そのものにも




色々あるんです。




難しいことはまた今度というかとで





ppm表示のものが使いやすいです。




えびを健康に育てるために




TDSが160ppmくらいをキープできると良いでしょう




まずは使う水のTDS計ってみましょっ!





その他水換えや





蒸発した分の足し水




水槽そのものの水質管理などなど




大活躍します。




6000円前後しますが




是非もって置いてくださいませ。




詳しくはまた今度




それからこれ




Red Bee Ambitious



いろんな種類がありますが




とりあえず人口のエビ専用の餌を・・・




最初は固形のものが使いやすいと思います。




私はいろんなのをローテーションで




あげてます。




人間と同じで




毎日同じものじゃ飽きちゃいますからね(笑)




エビが取れたときはこれ




ナチュラルフォースベビーバージョン



ナチュラルフォースベビーバージョン


僕にとってははずせないアイテム




生まれてからでも十分間に合いますが



この餌



エビもすごい勢いで食べます。





餌についての詳しいこともまた後日





ということで




本日は





これでおちまい




つづく




お帰りの際によろしければポチッとお願いいたします
          ↓

にほんブログ村

手軽にはじめるエビちゃん飼育器具偏

こんにちは~




管理人1号のNORIさんです




本日は




私がやってる




チョーシンプル飼育セット




ご紹介





色々やったけれども




失敗の連続でした(涙)











現在はとにかくシンプルに





これでうまく行ってます。




あくまでも



私の飼育方法ですので




絶対とはいえませんが





難しい理論とかなしに





お手軽飼育という意味では




誰にでもできる




方法かと思います。



費用もさほどかかりません(笑)









それでは




はじまりはじまりぃ~!





まずは水槽




これがなくてははじまりません(笑)





水量とか





取り扱いのしやすさ(軽いしね)考慮して





60センチのランチュウ水槽を使ってます




水槽増設2



水槽増設



色々探せば2500円くらいでも売ってます





安いのも魅力(笑)





そして




フィルター




LSS スポンジフィルター LS-80S



LSS スポンジフィルター LS-80S




能力高いです





それから




エアーポンプ




水心



水作エアーポンプ 水心SSPP-3S




丈夫で長持ち




静かでダイヤルでエアー量調整できて便利です





それから




ライト




ライト



家庭用クリップ式LEDライト




要は何でもヨロシ(笑)




追求するとディープな世界が待っているのも事実(爆)




そして




ソイル




これが一番悩むところで




使い方もスタイルも色々




私のお勧めで





NORIさん流お手軽セットにベストマッチで




扱いやすいソイル



NEWブラックソイル




NBソイル




60センチ水槽では




ノーマルタイプ4リットルと





上からスモールタイプ4リットルの2段敷きがいい感じ







そして





カルキ抜きした水道水をそーっと入れて





ポンプまわせば準備完了!




シンプル



シンプルでしょっ!



ウイローモスやシダなんぞを入れて




水槽



はい




完成!




写真ではエビが写ってますが





すぐに入れてはいけません(念のため)





とりあえず本日は





私が使っている器具のご紹介でした。





効果や詳しい説明は次回に・・・・




きょうはここまで





おちまい



にほんブログ村




青ヒゲ3号参上!!

初めまして!!

管理人の青ヒゲ3号です。

えびも青髭、 僕も青ヒゲです^^>

みんなのShrimp広場で素敵な出会いがあることを祈り参加させていただきました。

どうぞ宜しくお願いします。

IMG_4081.jpg




にほんブログ村
[ 2013/05/01 20:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

あこがれのエビが我が家にやってきた

こんにちは




管理人1号のNORIさんです。





楽しいエビ飼育





えさをあげると集まってくるの見てると





なんだか嬉しくなりますよね~





NCM_1345



ほほえましい光景です。




エビ





NCM_1360




そして




抱卵ママさん




NCM_1351



写真は下手くそでごめんなさい(汗)





今まで維持していた黒エビさん




NCM_1352




本日




前々からあこがれていた




豊のえび



紫ZUKIN血統




ついに我が家にやってきました




NCM_1381


まだ袋の中ですが・・・・・(汗)




NCM_1383



この状態でこの色




写真めちゃくちゃでもこの色!





カッコイイ!




水槽になじんで落ち着いたら




デジカメでちゃんと撮りますね~




本日はこれで




おちまい




にほんブログ村
[ 2013/05/01 16:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)